アイトレ


Beautubeで放映されました。




TiARY TVでアイトレが紹介されました!






こんな症状でお悩みではありませんか?

 パソコンやスマホを日常的に使うので目が疲れている

 新聞や携帯電話の文字が読みにくくなった

 近くを見てから遠くを見るとピントが合いにくい

 明るい場所でまぶしさを感じたり、夜間に光がにじんで見える

 物が二重、三重に見える

 目や頭が痛むことが多い

 急に視力が低下した

 

2つ以上当てはまった方は要注意!!

「白内障」などの目の疾患の恐れがあります。

重症化する前に当院のアイトレでケアをはじませんか?

 

スマホやPCの使用時間の増加に伴い、「視力の低下」は多くの現代人にとって身近かつ深刻な悩みのひとつになっています。

特に「近眼」や「老眼」の症状が現れてくる中高年の方は、多くの悩みを抱えていることと思います。
一説では、40代以上の日本人のうち「緑内障」を発症している方は20人に1人とも言われています。

失明のリスクもある緑内障ですが、さらに厄介なのは症状が進行してからでないと自覚しにくい点です。「一時的な目の疲れだろう」と見過ごしていたばかりに失明の憂き目に遭う可能性もあります。

当院の「アイトレ」はそんな目に関する悩みを解消するために生まれました。アイトレは視力の改善などを目的とした、いわば特殊な機器を用いた目のトレーニングです。

1回たったの30分という短時間ながら、継続的なトレーニングにより、0.01以下の視力が2.0にまで改善するなど、眼を見張る高い効果が現れています。

 

では具体的にどうやって視力を回復させるのか?


この「視力回復サポート アイトレ」では、ただ30分間、ヘッドフォンをしてもらうだけで、視力低下の原因である硬直やコリ、そして眼のピントを合わせる筋肉をほぐしていきます。

たったこれだけです。でも、、、

 

「今さら視力なんて回復するわけない!!」

 

なんて思う人も少なくないですよね・・・

実際、視力や老眼、近視、透視、乱視に悩むほとんどの患者さんは、メスやレーザーでの手術でしか視力回復をする方法がないと思って諦めているんです・・・

でも、そんなことはありません!

なぜ、このアイトレはあなたの視力、老眼、疲労回復ができるのか?

これには3つの理由があります。

 

 

【理由1】リスクがないから


リスクを伴うような、メスやレーザーは使いません。あなたはただリクライニングチェアで横になって、ヘッドフォンを付けるだけで、気持ちの良い低周波が筋肉をほぐしてくれます。

好きな姿勢で、好きな音楽を聴いて、好きなことを考えて、30分間、リラックスしてお過ごしください。

 

【理由2】高額な治療費も必要ないから


目の悪い人にとって最も障害となるのは、目の手術に、高額な治療費が掛かることではないでしょうか?実際、多くの人が料金の高さに驚いて、手術をためらっています。

しかし、このアイトレは目の筋肉をほぐすものなので、高額な治療費は必要ありませんし、苦痛や努力も必要ありません。そして、、、

 

【理由3】効果が無ければお金は必要ありません


もし、このアイトレがあなたの視力回復・老眼回復・疲労回復サポートに少しも繋がっていない、と感じられたなら、その時は正直に言ってください。お金は一切必要ありません。

30分間、ヘッドフォンを付けてみて、視力回復・老眼回復・疲労回復を感じられるか、是非あなたも試してみてください。

 

 

 

これが「アイトレ」によって効果が現れた実例です


 

 

初回で大幅に改善される方が続出しております!

※継続的なトレーニングによって基礎的な視力を向上させることが目的です。
向上した視力は1回のみで持続、定着するものではございません。

 


 

 

 

視力回復方法を徹底比較!
「アイトレ」VS「レーシック」


【どんなもの?】

目の筋肉のコリをほぐす、筋トレマシン

目の筋肉を振動させることで、筋肉のコリをほぐし、視界がパッとリフレッシュできる、最新のトレーニングマシン。角膜に直接触れないため、目の負担や損傷が一切なく、安全で手軽にできるマシンとして注目されています。主にサロンやクリニックで受けられます。

 

 

 

 

レーザーで角膜を削る、視力矯正手術

角膜にレーザーを照射して削り、カーブを変え屈折力を調整することで、視力の調整をする外科手術。視力矯正手術として広く普及しており、使用する機器の違いによって、さまざまな種類の術式があります。主に専門のクリニック、眼科、大学病院で受けられます。

 

 

 

 

 

【トータルの費用】

4万8千円~

※8回分の費用。初回は2,980円でお試しOK!

2回目からは、1回あたり約6,000円。

 

※特別価格あり

詳細はお問い合わせ下さい。

 

35万円~

※種類や保障年数によって異なる自由診療。

自由診療のため、クリニック、手術の種類、補償年数によって費用が異なります。

 

 

 

 

 

 

【通う回数】

トレーニングに必要な平均回数

8回

最初の1か月は週1~2回のペースで通って、その後は目の健康の維持のために月1回程度通院するのが理想的です。まずは8回通うのを目安に続けてみるのがおすすめ。継続して目の筋肉をトレーニングすることで、視界のリフレッシュにつながります。

 

 

 

 

カウンセリング・手術・術後検診を含めた平均回数

5回~

事前のカウンセリングや適応検査から始まり、手術当日~術後の検診まで、5回以上通院する必要があります。
術後の検診は、手術翌日・1週間後・1か月後といった間隔で通院するのが一般的です。

 

 

 

 

 

【通う期間】

視力の改善・維持が期待できる平均期間

1ヶ月~

1回30分の使用で、初回から疲れ目がとれ、視界がリフレッシュ、視力が回復したと実感できる人も多いですが、目の健康維持のためには継続することが大切。最初の2か月後からは、1~2ヶ月に1回のペースで通うのがおすすめです。

 

 

 

 

手術から1年後に定期検査がある

12ヶ月~

レーシック手術の翌日や1週間後の術後検診だけでなく、1年後にも定期検診があります。その後も1年ごとに定期検査を受け、角膜に異常がないか診てもらうと安心。

 

 

 

 

 

【対象年齢】

子どもやご年配の方でもトレーニング可能

10歳~上限なし

目の筋肉に働きかけるトレーニング機器なので、成長過程にある18歳以下の子どもも使用可能。対象年齢の上限はないので、年齢による目の健康を見直したい人にもオススメ。

 

 

 

 

18歳未満、65歳以上は対象外

18歳~65歳

目が発達段階にある子どもは、レーシックの対象外となります。老眼や白内障の進行を考慮する必要がある65歳以上の方も、レーシックを受けられない場合があります。

 

 

 

 

 

【対象者】

近視・遠視・乱視・目の疲れを改善したい人に

近視・乱視・遠視・老眼

眼精疲労・レーシック経験がある人

近視・乱視・老眼の度合いに関わらず、視力の悩みや目の疲れを見直したい人に向いています。長時間のパソコン作業やデスクワークをする人、自動車を長時間運転する人には特にオススメ。

 

 

 

 

軽度~中等度の近視・遠視・乱視の人向き

近視・乱視・遠視

レーシック手術は、軽度~中等度の近視・乱視・遠視の人に向いています。適応検査の結果、角膜の厚みが十分あり、角膜の形状不正や眼の疾患がない場合にのみ手術可能です。

 

 

 

 

 

【受けられない人】

アイトレを受けられない人

眼の疾患を抱えている人

目の治療中、目の手術を受けた人 ※レーシックは除く

ペースメーカー・人工心肺・心電計を使用している人

毛細血管拡張を起こしている人

妊娠中・出産直後の人

 

 

 

 

 

レーシックを受けられない人

角膜が薄く、術後に一定以上の厚みを残せない人

高度の近視・乱視・遠視の人

角膜の形状に異常がある人

白内障や緑内障など、眼の疾患がある人

妊娠中または授乳中の人

パイロットやこれからパイロットを目指す人

目に強い衝撃を受ける可能性があるスポーツ選手

 

 

 

 

 

 

 

視力を回復させたいなら目の筋肉に注目!


視力の鍵を握っているのは、「目の筋肉」!いくら視力矯正のアイテムを使ったり、手術を受けたりしても、目の筋肉が凝り固まったり衰えたりすれば、またピントは合いづらくなってしまいます。本当に視力を良くしたいなら、目の筋肉トレーニングが必要なのです。

 

実践しよう!
視力が回復するオススメな方法

 

トレーニングをする


目のコリをほぐして鍛えることで視力を回復させる。

目の筋力低下や眼筋のコリを改善するトレーニングによって、視力の回復効果が期待できます。誰でもカンタンにできる方法なので、ぜひトライしてみましょう!目のトレーニングはできるだけ毎日継続することが大切ですよ。

【トレーニングの種類】

・眼球トレーニング

・遠近トレーニング

・虹彩トレーニング

・調節力トレーニング

・まばたき回復法など

 

アイテムを使う


視力改善をサポートしてくれる便利なツールを使う。

ピンホールメガネ、視力改善のアプリ、目薬…。アイテムを使った視力回復の方法をまとめました。視力回復を目的とした目薬の場合、使用上の注意が。どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

【アイテムの種類】

・ピンホールメガネ

・目薬アプリやゲームなど

 

食べ物やサプリを摂取する


目の健康をサポートする栄養素を食事やサプリで摂る。

視力回復を助ける栄養素と言えば、アントシアニンやDHAが有名ですよね。そのほかにも、目の健康をサポートしてくれる栄養素が沢山あるのです。目に良いとされる栄養素、その栄養素が豊富に含まれている食材をまとめました。

【栄養素たっぷりな食材】

・サプリ

・ブルーベリー

・青魚

・ほうれん草

・鮭など

 

マッサージをする


視力回復におすすめのツボ押し・マッサージ

「視力を良くするマッサージ」と聞くと、目周りのツボを押すイメージが出てきませんか?実は目以外にも、首や肩のツボを押すことで、視力回復の効果が期待できるのです。マッサージのポイントや、蒸しタオルを使った効果的な方法をご紹介。

【マッサージの種類】

・目のツボ押し

・マッサージ蒸しタオル首

・背中のツボ押し

 

現代人は視力が低下しやすい?その原因とは


視力低下の原因として、主に次のものが挙げられます。

・生活習慣
・ドライアイ
・老化
・遺伝
視力低下を招くこれらの原因について詳しく見ていきましょう。

 

生活習慣


朝はテレビを見て、仕事中はパソコンを使い、休憩時間にはスマートフォンで遊び、家についたらゲームをするというように、私たちは昔に比べて目を酷使するようになりました。いわゆるVDT症候群です。その結果、目の疲れを招き視力低下を引き起こしやすくなっています。

他にも、見る時の姿勢によっても目に影響が及びます。頬杖をついたり寝転びながらスマートフォンを見たりすることで左右の目に差を与えてしまい、視力の違いが生じてしまいます。その結果、視力はさらに悪くなってしまうのです。

 

老化


老化は目の水晶体に影響を与えます。水晶体はいわばレンズです。このレンズが厚くなったり薄くなったりすることでピントがあいモノを鮮明に見ることができます。

レンズと言っても硬いわけではなく、とても弾力性があります。そのため厚くしたり薄くしたりできるのです。

しかし、水晶体が老化するとその弾力性が次第に失われていきます。するとピントを上手くあわせることができなくなり、視力が低下してしまいます。

 

ドライアイ


ドライアイは涙やまばたきの減少によって引き起こされます。涙には目を乾燥や最近から守る作用があります。しかし瞬きの回数が減ると、涙が眼球に行き渡らなくなりドライアイになってしまいます。

他にも、レーシック手術の後遺症やシューグレン症候群などの病気によってもドライアイが引き起こされることがあります。“目が乾きやすい”、“瞬きの回数が少ない”と感じたら、目薬を差したり目を閉じて休ませたりするなどの対策が必要です。

 

遺伝


実は、近視になる原因は、医学的に詳しくわかっていません。しかし親が近視の場合、その子供も近視であることが多いことから、近視は遺伝すると考えられています。

遺伝と合わせて関係しているのではと言われているのが、眼軸の長さ(眼球の大きさ)です。生まれたての赤ちゃんの目は、大人に比べて眼軸が短いため、焦点が網膜の後方であい遠視になります。しかし、その遠視を防いで網膜に焦点をあわせるために、赤ちゃんの水晶体はとても屈折力が高くなっています。

そして、成長して眼軸が長くなるにつれて、焦点が前方にずれるため水晶体の屈折力は少しずつ弱くなります。この時に屈折力の調整が上手くいかなくなることで、近視になるのではと言われています。

 

視力回復のために


現在では、低下した視力を回復させる方法はいくつか発見されています。

中でも有名なのが、レーシック手術です。レーシック手術は外科手術によって目の機能を回復させ、視力回復を行うという手段であり、多くの人が行っています。

手術が怖く、レーシックには不安があるというのであれば、視力回復トレーニング(アイトレ)による目の機能改善を行うという選択肢もあります。アイトレは、レーシックに比べれば若干知名度は低いですが手術をすることなく、自分の力で低下した視力を回復させるという方法であり、現在注目を集めています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

医師で医療機器開発者の専門家も「アイトレ」を推奨

現代人にとって、コンピューターやスマートフォンの高精細な液晶モニタで、細かい字や画像を長時間見続ける時間が激増しており、その時間は増える一方です。いわゆる「目の疲れ」と称される睡眠によって緩和される「目疲労」。そして根本的な原因の除去が必要で、様々な症状を来すこがある「眼精疲労」。視力低下に加えて、「目疲労」と「眼精疲労」症状を訴える方々が増え続けているのも当然と言えます。

それらのすべての症状に、目の周囲の表情筋と、眼球周囲の外眼筋をマッサージや加湿等によってリラックスさせる方法が有効とされています。アイトレの動作原理は、より直接的・効果的に表情筋と外眼筋に作用して緊張状態を緩和し、リラックスした状態を作り出して、眼疲労と眼精疲労の症状を和らげることが可能なものとなっております。私自身も、コンピューターの高精細モニタ上での毎日12時間以上の作業で酷使している眼の「目疲労」と「眼精疲労」に対して、アイトレを使用しての効果を実感しているところです。日常の様々な場面で、アイトレによる、表情筋と外眼筋のリラックス効果を得られることをお薦めするものです。

医師・医学博士 株式会社PEZYcomputing代表取締役 斉藤元章氏

 

 

アイトレのご使用方法

 

 

当院でアイトレを受けた方はこんな毎日が送れるようになります。

☑ 「コンタクト」や「めがね」の面倒から解放された

☑ 自分のめでものがキレイに見えるようになった

☑ 目の周りの筋肉が発達して眼精疲労が減った

☑ 目の疲労が原因の頭痛や肩こりから解放された

☑ ドライアイの目に渇きから解放された









タグ:川崎 視力回復 アイパワートレーニング アイトレ